トップ > 簡単な3DCGの制作 > テクスチャで模様を表現する >
UVマップの作成

UVマップとは

UVマップはメッシュの展開情報を格納するためのものです。 UVマップの展開情報のおかげで、2次元の情報であるテクスチャ画像を、3次元のメッシュに貼り付けることができます。

なお、UVマップはメッシュのオブジェクトを選択して作成するため、自動的にメッシュと関連付けされます

ページの先頭へ
 

UVマップの作成

メッシュの展開情報を格納するためのUVマップを作成します。 "Wings"と"Head"および"Legs"のUVマップを作成します。 モードは、オブジェクトモードでもエディットモードでも構いませんが、ここではオブジェクトモードで作業を行います

Wings用のUVマップの作成

まずは、Wings用のUVマップを追加します。

1. てんとう虫の体を選択
1. てんとう虫の体を選択

上図のようにてんとう虫の体を選択し、Propertiesウィンドウのオブジェクトデータパネル切替ボタン(オブジェクトデータパネル切替ボタン)を押します。

続けて、UVマップの追加を行います。 UVマップの追加は、UV Mapsパネルで行います。

2. UV Mapsパネル
2. UV Mapsパネル

上図のようにUV MapsパネルにはUVマップの一覧があります。 UVマップの一覧の右にある、UVマップ追加ボタン(UVマップ追加ボタン)を押します。

3. 追加されたUVマップ
3. 追加されたUVマップ

上図のようにUVマップの一覧にUVマップ(UVマップ)が追加されます。

名称を変更する

続いて、UVマップの名称を変更します。 UVマップの一覧のUVマップ(UVマップ)をダブルクリックすると入力状態に切り替わります。

キーボードから"Wings"と入力し、Enterキーで確定します。

4. 名称を変更する
4. 名称を変更する

上図のように名称を"Wings"に変更します。

Head用のUVマップの作成

続いて、2つめのUVマップであるHead用のUVマップを追加します。

5. UVマップ追加ボタン
5. UVマップ追加ボタン

上図のようにUV MapsパネルのUVマップの一覧の右にある、UVマップ追加ボタン(UVマップ追加ボタン)を押します。

6. 追加されたUVマップ
6. 追加されたUVマップ

上図のようにUVマップの一覧にUVマップ(UVマップ)が追加されます。

名称を変更する

さらに、UVマップの名称を変更します。 UVマップの一覧のUVマップ(UVマップ)をダブルクリックすると入力状態に切り替わります。

キーボードから"Head"と入力し、Enterキーで確定します。

7. 名称を変更する
7. 名称を変更する

上図のように名称を"Head"に変更します。

Legs用のUVマップの作成

続いて、3つめのUVマップであるLegs用のUVマップを追加します。

8. てんとう虫の脚を選択
8. てんとう虫の脚を選択

上図のようにてんとう虫の脚を選択し、UV MapsパネルのUVマップの一覧の右にある、UVマップ追加ボタン(UVマップ追加ボタン)を押します。

9. 追加されたUVマップ
9. 追加されたUVマップ

上図のようにUVマップの一覧にUVマップ(UVマップ)が追加されます。

名称を変更する

さらに、UVマップの名称を変更します。 UVマップの一覧のUVマップ(UVマップ)をダブルクリックすると入力状態に切り替わります。

キーボードから"Legs"と入力し、Enterキーで確定します。

10. 名称を変更する
10. 名称を変更する

上図のように名称を"Legs"に変更します。

ページの先頭へ
 

現状どうなっているのか

"Wings"と"Head"および"Legs"の3つのUVマップが正常に作成されました。 なお、UVマップはオブジェクトを選択して作成するため、この時点ですでにメッシュと関連付けられています。

ただし、UV展開を行っていないため、展開図はBlenderが適当に準備したものしかありません。 また、イメージにも関連付けられていません(イメージはまだ作成していません)。

ページの先頭へ
 

まとめ

UVマップは、UV MapsパネルのUVマップの一覧の右にある、UVマップ追加ボタン(UVマップ追加ボタン)で作成します。

ページの先頭へ