トップ > 知っておきたい機能 > モデリング > 様々な選択機能 >
類似選択

似ている要素を選択する

エディットモードで、現在選択している部位に似た要素を選択する機能が『類似選択』です。 類似選択では、選択中の部位に似ている全ての要素を選択することができます

類似しているかどうかの判断基準には、面の頂点数・隣接する面数・同じ長さの辺など豊富な条件が用意されています

頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード ○ 利用可

類似選択の手順

では、類似選択を行ってみましょう。 今回は、面の頂点数が4つであることを条件に選択してみます。 なお、今回の例で使用するメッシュは4角形の面と5角形の面が混在しています。

1. 4角形と5角形が混在するメッシュ
1. 4角形と5角形が混在するメッシュ

上図のように頂点が5つの面、つまり5角形が存在していることがわかります

まずは、面選択モードに切り替えます

2. 面選択モードに切り替える
2. 面選択モードに切り替える

上図のように面選択モードに切り替えます。

続いて、選択の条件にする部位を選択します。 今回は頂点が4つの面を選択しますので、その条件に一致する4角形の面を選択します

3. 条件とする面を選択する
3. 条件とする面を選択する

上図のようにどれでもいいので4角形の面を選択します

これで、類似選択の準備ができました。 実際に、類似選択を実行しましょう。

4. Select -> Select Similar -> Polygon Sidesを実行
4. Select -> Select Similar -> Polygon Sidesを実行

上図のように3D Viewportのプルダウンメニューの"Select" -> "Select Similar" -> "Polygon Sides"を実行します。

  
キーボードのSHIFT + G -> "Polygon Sides" でも実行することができます。
5. 4角形の面を選択
5. 4角形の面を選択

上図のように全ての4角形の面が選択されます。

ではここで、3D Viewportの左下に注目してください。

6. Select Similarパネル
6. Select Similarパネル

上図のように3D Viewportの左下にSelect Similarパネルが出現しています。 このパネルで、条件や比較方法・しきい値などの事後調整を行うことができます

ページの先頭へ
 

まとめ

エディットモードでは、『類似選択』で現在選択している部位に似た要素を選択することができます。

操作/コマンド 説明
(3D Viewportのプルダウンメニュー)
"Select" -> "Select Similar" -> "Polygon Sides"
選択中の部位と同じ頂点数の全ての面を選択する
ページの先頭へ